現地視察コーディネイト

現地でのネットワークがなく、誰に頼めばよいのかわからない。 現地の商習慣がわからない。約8割が日本車シェアのASEAN地域は、自動車の新車市場については長く注目をされ、日本からも多くの自動車関連企業が 進出を果たしております。一方で、ASEANにおける中古車・アフター市場はまだ、流通システムが整備をされていなく、さらに統 計データもないために、市場を把握することが非常に難しく、特に新興国市場に関しては情報は極端に少ないのが現状です。

日本企業の海外進出をサポートするアセアンプラスコンサルティングでは、アジアに累計10年以上駐在し、中古車買取 販売のガリバーインターナショナルの海外事業を担当してきた川崎 大輔氏がASEAN地域の中古車市場の調査・視察の ご支援をいたします。

【タイ市場視察】

『アジアのデトロイト、アセアン最大規模の自動車生産、成長を続けるタイアフターマーケットの全貌を知る。』

タイ人の所得の向上とともに、「安かろう、悪かろう」から「多少高くても品質重視」へと考えがシフトし、「日本製品がほしい!」という層が確実に増えています。この魅力的なマーケットを攻略していくための現場の情報を入手するのが視察の目的です。

バンコクモーターショー のコピー

タイ視察ムービー

【マレーシア市場視察】

『アセアン最大の中古部品市場であり、アセアン2番目の中古車輸出マーケットの規模を見る。』

中古車販売店から中古車部部品集積場ようなミクロまで、幅広いマレーシア自動車関連の見識を得ることができます。マレーシアの自動車アフターマーケットのリアルな現場の空気を肌で感じていただき、貴社のマレーシア進出の参考にすることが目的です。

最先端のKLツインタワー のコピー

マレーシア視察ムービー

【インドネシア市場視察】

『アセアン最大2.5億人の人口とタイの新車販売台数を抜きアセアンの盟主となった市場の可能性を感じる。』

日経メーカーのシェア95%を超える親日的なインドネシアは、日系企業にとって大きなビジネスポテンシャルを持つ市場であることは間違いありません。ビジネスチャンスはどこにあるのか?可能性について感じていただくのが目的です。

渋滞 のコピー

インドネシア視察ムービー

【ベトナム市場視察】

『TPPへの参加で最も有利になると言われているベトナムの自動車市場を理解する。』

2015年の自動車販売台数は55%増と拡大。2030年までに人口も1億人を超えると予想され大きな自動車市場拡大が見込まれている。現地に足を運び、自ら見聞きすることで、ベトナム自動車市場攻略のために、他で得られない確かな情報を得ることが目的です。

ベトナム

ベトナム視察ムービー

【ミャンマー市場視察】

『アセアン最大の中古車輸入国、ミャンマーはこれからどのように変化をするのか自ら判断をする。』

「アジアのラストフロンティア」と呼ばれて注目を集めていたミャンマーで、ここ数年で自動車市場に大きな動きがありました。変化は常に新たなビジネスチャンスを生み出します。中古車市場は飽和なのか?新車市場はどれくらいんスピードで広がるのか?整備業界はブレイク寸前なのか?などの疑問に、ご自身で判断いただきビジネスチャンスを掴み取るのが目的です。

ヤンゴン のコピー

ミャンマー視察ムービー

【スリランカ市場視察】

『アセアン周辺諸国で中古車輸入単価が最も高いスリランカ、多くの優位性を保つハイブリッド車王国のネットワークを掴む。』

内戦からようやく解放され、地理的優位性、外資手つかずの小売市場、親日的な国民性により日系企業による自動車アフタービジネスの可能性が広がっています。地場企業とのネットワークを早期に獲得し、先行者利益獲得の可能性を見つけるのが目的です。

スリランカ

スリランカ視察ムービー